2010年01月25日

だいじなきもち いのちはだいじ

昨夜 おじいちゃんが救急車で運ばれ 入院することに‥


検査の結果 思っていたより症状は軽く
ただ 高齢ということもあり 数日間は入院!

入院している病院は有名な病院です

お医者さんの評判良いと聞きます


でも 本当に なんで?という事がありました


まず 昨夜 運ばれたのが夜中だった為 部屋に通されたのが 4時前 (ここはしょうがない。)
付き添いが必要という事で私が


おじいちゃんもすやすやと寝たので 私も眠りにつくと
体を揺さぶられてます

ぐらぐらと‥

目を開けると看護師さんが
家族構成教えて下さい

はっ!?



私自身も入院 経験ありますし 家族の付き添いも何度も経験してます

だから こういう質問は知ってます

でも 揺さぶって まで起こしてまで
この時間に聞かなきゃいけないのですかね?


怒りを抑えながら 質問事項に答えました

そして朝 2時間しか寝てませんが
起きていると
検温や血圧を計りに看護師さん

おはようございますも挨拶もなし
こちらから挨拶しても 聞こえてないのか無視

イライラ


昼過ぎにまた検温タイム

またもや挨拶なし

こちらから 昨夜は緊急入院だったので 主治医の先生は決まりましたか?

症状などの説明はありますか?
と 聞くと

先生が来る予定はありません!!!!!


はぁ〜!? はぁ〜!?


じゃあ 説明もなしにただ入院ですか?
朝した 採血の結果もないんですか?

と詰め寄ると


しら〜っとした顔で

私はわかりません!!と‥


先日の市電で遭遇した宇宙人がかわいく思えるほど


間違いなく白い制服をきたナースです

人の命と向き合う仕事をしてるんです

いのち

きっと この人は 一番大事な気持ちが かけたままの人なんです



結局 自分で色々と動き 先生の説明を聞く事ができましたが



はっきり言って ここまでひどい病院ははじめて


医師不足や過酷な労働

色々な深刻な問題はあると思います


わからない部分もかなりあります


でも ただ いい加減はやめてほしい


家族も なにより病気の本人が 不安なんです


不安で不安で


でも たたかおうって 前向きにいこうって

気力までもたたきつぶさないでほしいです


おじいちゃんは家族 大切な人です

だから私達が力をかし 守ります


いのちの大切さ
絶対にわすれない人間でいようと
強く思った1日でした



長くなりました。

お風呂に入ってねよ。
posted by mika at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139361977
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。